安い物件を探すポイント

毎月の大きな負担となる家賃を安価に抑えたいのなら、ふたつのポイントを知った上で賃貸物件探しをするといいでしょう。ひとつは、駅やバス停などから近ければ近いほど家賃が高額になる傾向があること、もうひとつが、いわゆる新築の状態が最も高額であることです。最低限、このことを踏まえた上で物件探しをすると、安価な物件をスムーズに探しやすくなります。

人気の街のひとつ隣は狙い目

たとえば人気のエリア、人気の街で賃貸物件探しをするのなら、同じ間取りや室内設備を備えた物件を探す際に、街の中心地から離れれば離れるほど、家賃を安価に抑えることが可能になる傾向があります。駅から徒歩5分と15分の物件を比べると、後者の方が安価なケースが大半なのです。また、人気の街の一駅や二駅隣の駅を選ぶことで、家賃を大幅に抑えやすくなっていることも、覚えておくといいでしょう。一駅や二駅であれば、十分徒歩圏内であったり、自転車での移動が可能なエリアも少なくはないのです。

目安にしやすい築年数

新築物件と築十年の物件、築三十年の物件を比べると、当然築年数が経てばたつほどに安価になっていく傾向があります。安価な物件を探したいのなら、ある程度築年数が経過している物件を積極的に探してみるといいでしょう。

ただし、備え付けの室内設備も築年数に応じた物になっている傾向があるため、便利な設備を求めるのなら、あまりにも築年数が経過しすぎていない物件を探したり、リノベーション済みの物件を探してみるといいでしょう。特にリノベーション済みの物件は、見た目や室内設備は新築物件とさほどかわらない反面、家賃は新築物件よりも安価になっています。

北海道の港湾都市・小樽の賃貸物件を選ぶと、小樽を代表する運河や北のウォール街と呼ばれる歴的建造物を散策することができます。