北側道路に面した土地で家造り

道路に面した土地を購入して家造りをするとき、土地の価格は高いが立地のいいところか安くて立地のグレードを下げるかの選択が必要です。一般的には南向きの道路に面している土地が高く、西向きや北向きはあまり人気がありません。北向きは日当たりが悪いので土地の価格もかなり下がるときがあります。家造りにおいて総コストを下げたいときには土地の価格を抑える工夫も必要で、北側道路に面した土地での家造りも検討してみましょう。玄関は道路側になるので日当たりが良くないものの、道路の逆は南になるので間取りや敷地の使い方次第で十分な日当たりを得られます。敷地の北側に建物を建て南に庭を配置すれば南に建物があっても日当たりが確保でき、明るく暖かい家になるでしょう。

いびつな形の土地での家造り

家造りの理想を挙げるとすると、立地の良さや適度な床面積を確保し、さらに安く建てられれば申し分ないでしょう。現実にはすべてを満たすのは難しく、何らかの妥協をする必要があります。いい立地で安い家造りをしたいのであれば、人気のない狭小地やいびつな形の土地での家造りを検討しましょう。必ずしも土地の形に合わせて建物を作るわけではなく、建物の形はシンプルにしなければいけません。角がたくさんある建物で耐震性を得ようとすると柱や壁が多く必要になり、せっかく土地を安く買えても建築費用が高くなります。いびつな形の中で正方形や長方形に近い形を探してそこに建物を建てるようにし、その他のスペースを庭にしたり駐車場にすればよいでしょう。

2000万の家とは、基本的に都心部では中々お目にかかれない、価格帯と言えます。都心を少し離れた郊外に出てみるとすぐに見つかるでしょう。