新築の賃貸物件で値引き交渉するのは無謀

賃貸物件を借りるときにできるだけ家賃を抑えたいと考える人は多いのではないでしょうか。実際に賃貸物件を借りるにあたって家賃交渉をする人はかなり多いです。しかしながら実際に家賃交渉が上手くいった人の割合はそれほど多くはありません。家賃交渉をする予定ならば事前の準備がとても大切です。まず新築の賃貸物件に住みたいと考えているならば家賃交渉をするという考えは捨て去りましょう。新築の賃貸物件というのはそれだけで市場価値が高いですから値引きしなくても入居希望者が殺到します。部屋を貸している側が家賃を下げる必要が全くないので値引き交渉をした時点で門前払いのような扱いを受けるでしょう。

値引き交渉しやすい物件とは

では値引き交渉しやすい物件とはどういった特徴があるのでしょうか。まず基本的に周辺の賃貸物件と比べて築年数が古いところは値引き交渉がしやすいです。人間の心理としてやはり古い所より新しいところに住みたくなるものです。ですから築年数が古くなっていくと必然的に入居率が減少していきます。そんな中でその物件に住みたいという人が現れたら、部屋を貸している側とすれば是が非でも住んでほしいという気持ちになります。そのため多少家賃を下げても部屋が埋まるならば良いと考え、値引き交渉に応じてくれやすいのです。

また利便性があまり良くない物件も値引きしやすくなります。たとえば最寄り駅までバスが必要となる物件は元々の賃料が安いだけではなく、住もうという人がなかなか見つからないので値引き交渉に応じてくれやすいです。

仕事場はその会社の利益にも影響するほど大切です。札幌中央区の賃貸事務所を探すなら地域密着の実績のある不動産屋に相談しましょう。