諸費用はどれくらいかかるのかしっかり比較しよう

住宅ローンをどこで借りるかを選ぶ際に金利は元も考慮しなければいけないポイントの1つであることは間違いありません。しかし金利にばかり目を奪われていると他の部分を見落としてしまいやすいです。実は住宅ローンを組んだ際には住宅ローン以外にもいろいろな費用が発生します。まず考えておかなければいけないのが住宅ローンを組んだときに発生す諸費用です。諸費用は大きく分けると事務手数料と保証料に分けられます。保証費とは万が一住宅ローンを支払えなくなった際に代わりにローンを支払ってもらうこととなる保証会社に対して支払うお金で、事務手数料は住宅ローンを組んだ際に作成する書類や口座開設などの手続きをするときに支払う費用です。

保証費はゼロでも事務手数料が高くなっていたり保証料が金利に上乗せされている代わりに事務手数料が安くなっていたりと銀行によって諸費用の取り扱いがバラバラなため比較検討がとても難しいです。確実に比較したいのであれば単刀直入に諸費用が合計いくら必要なのかを聞いておきましょう。

団体信用生命保険について

団体信用保険とは契約者が万が一大きな事故や病気になって重度の障碍者になったり死亡することによってローンを支払えなくなった場合に残りのローン残高を全てゼロにしてくれる保険で、銀行の住宅ローンはこの団体信用生命保険に加入することが必須となっているケースがほとんどです。団体信用生命保険は無料で加入できる場合がほとんどですが、オプションでさらに保証を手厚くする場合は金利にうわ乗せされたりするためよく確認しておきましょう。

都内勤務でも宇都宮のマンションから十分通うことができます。宇都宮は地価が安いので購入する場合でもかなり費用を抑えられるでしょう。