忘れられがちな庭・駐車場の外構工事

注文住宅は、あらかじめ住宅メーカーで設計も建築も行ってしまっている建売住宅とは異なり、購入者が自ら間取りやデザイン・設備を設計することができます。このことから、マイホームに対するあこがれがある人は、自分の好きな間取りや設備を盛り込んで、設計していきます。ここで忘れがちなのが、庭や駐車場といった外構部分の工事です。もちろん庭や駐車場に対してこだわりを持つ人もいますが、住宅部分には大いにこだわりを持って建てるのに、庭のことは忘れてしまう人は多くいます。結果として、外から見ると一番目立つように庭や駐車場がみすぼらしいことになってしまうので注意が必要です。

庭・駐車場などの外構工事かかる費用

注文住宅は、建売住宅よりも高く費用が掛かります。相場は3000万円台ですが、1000万円台で建てる人もいれば、4000万円台とお金を存分にかける人もいます。これらの注文住宅を建てる際に、庭や駐車場といった外構工事にいくら費用を当てればよいのかが気になるところです。予想よりも大きく費用が掛かると、予算オーバーになってしまい、おろそかにしているつもりがなくても、結果としてみすぼらしいものになりかねません。注文住宅で家を建てる場合、庭や駐車場などといった外構工事の費用は、注文住宅を建てるための予算のおよそ1割ほどを当てて考えることがおすすめです。2000万円台の予算を充てているのならば、その1割である200万円ほどが庭や駐車場にかける予算に回すということです。

もちろん、最低限の庭でよいならば、50万円でもよいし、こだわりたければ300万円かけても問題ありません。庭も含めて見積もりをすることが重要です。

一戸建てを購入する予定があるなら、名古屋の注文住宅がぴったりです。工務店のスタッフがあらゆる注文を受け付けていますので、何でも相談してみましょう。